スポンサーサイト

  • 2012.02.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

何故か

 毎年二月になると思いだすようです…何かに使えないでしょうかね。

お久しぶりです

何とかかんとか形になりました。ぼつぼつ再開します。


新規物件購入

タイトル:後巷説百物語 著者:京極夏彦
タイトル:若きウェルテルの悩み 著者:ゲーテ
タイトル:ケロロ軍曹12巻 著者:吉崎観音
タイトル:多重人格探偵サイコ11巻 著者:田島照宇/大塚英志

ハードカバーで発売された時にグッと我慢してノベルス版を待っていた巷説百物語最終章がようやく発売されたようで購入です。分厚ければ良い物では無いのですがそれでもこの本の厚みは一体…。鈍器のような物(武器)になりそうです。同じ費用を払うにもここまで読ませてくれるのなら払い甲斐が有ろうというもの。

サイコはいい加減長すぎてそろそろ止め様かと思いながら購入したのですが、ここにきて「今までのおさらい」をやられてしまうと止められなさそうです。状況を整理されるとやはり面白いです。正直10巻で筋に付いて行けなくなった人が意図したより多かったんだろうなぁと邪推。

+「下流社会」を読んでおります。が、これほど読むことが不愉快な本も珍しいと思う程嫌な本です。また別途。

++本屋大賞、個人的に今年面白そうに感じるのはベルカです。最近は書店も意識されるようで大賞ノミネート作品の本棚が作られ、探し易くなっております。盛り上がるのは良いことですね。

彼らには彼らの流儀

愚か者死すべし
タイトル:愚か者死すべし
著者:原 寮 (注:本当の字はウカンムリが無い寮になります。)

本当に久しぶりの探偵沢崎シリーズの4作目、新シリーズの第一弾となるそうです。前作から9年余りも経過してるんですねぇ。遅筆というイメージは元々ある作家なので、そんなにも経っているとは思っていませんでしたが随分長かったですね。

物語は、年末大晦日に或る男性の捜索を持ちこまれた所から始まり、元々は受けていない依頼だったはずが巻きこまれ、その事件が別の事件、また別の事件と連鎖していく形で話は展開していきます。持ちこまれた先が本当は渡辺だったり、相変わらずのおんぼろブルーバードで東京を走り回ったりと今までの沢崎シリーズと変わらない所は読んでいて楽しい所。物事の判断基準や状況を見通す頭の切れ、そしてウィットの利いた受け答えは流石このシリーズであり、作者自らが「より優れて面白い作品を」と記しただけのことはあります。

反面、物凄く読み易くなっている所が若干従来のファンとしてはやや引っかかるところになるのかも知れません。前作までの沢崎はもうすこし皮肉屋というか気難しい所が有った様に思うのですが、近作は物分りが良すぎる気がします。特に最後の辺りでは、今までの沢崎とは判断の結果は同じだったにしても、せめて批判めいた事を言う性格だった様な気がします。まぁ、彼なら10年近くも時が経てば探偵も物分りがよくなる事も有るものだと言いそうですが。

いずれにせよ、流石は満を持しての沢崎シリーズ。犯人に辿り付くまでの展開の流れやそれに伴う緊迫感は十分です。読み始めると一息に読みこませる面白さは健在と言えるでしょう。早々に第二弾、第三弾もと作者も言っていますので楽しみに続きを待ちたいものです。

>>May I have your five seconds? 人気Blog Rankingへ

詩と死

吾輩ハ作者デアル
タイトル:吾輩ハ作者デアル
作者:原田 宗典

今の今までJUGEMのオススメ商品紹介からAmazonへのリンクがこんなに簡単に張れると知りませんでした。。。タブ手打ちerとしてはショックで寝こみそうです。

こういった日常のぎゃふんという出来事を書かせたら右に出る人はいないであろう原田宗典の久しぶりのエッセイ。(誉めております。)学生時代の友人に教えてもらって以来、通勤/通学の電車の中で笑いを堪えながら読むのに持って来いな本として愛読しております。

今回も抱腹絶倒の内容を期待していたのですが、良い意味で肩透かしを受けた感があります。本作の中で度々言及されているのですが、随分と鬱に苦しまれたというのは知っていたのですが、その影響が文章にも反映されています。今までの何とも馬鹿馬鹿しい事を笑い飛ばしてしまうスタンスは若干抑えられ、余り語られなかった胸の内や、他者への思いや感謝の思いが節々に現れています。

勿論今まで通り笑える部分は笑えるのですが、その他の部分が強く打ち出されるようになり、私のような若輩の人間が言うには厚かましいのですが人間としてより深みを持たれたように感じられます。ああ、作家も成長するのだなと当たり前ですが納得した次第。

読んでいるうちに私の好きな短歌を思い出していました。

〜人はみな馴れぬ齢を生きているユリカモメ飛ぶまるき曇天〜
歌人:永田紅 歌集日輪より

人は皆成長します。そんな当たり前ですが気付かない事を作家は時に自らの作品で教えてくれます。

>>May I have your five seconds? 人気Blog Rankingへ

2006年本屋大賞ノミネーション

第三回2006年本屋大賞ノミネート作品が発表されているようです。自分の為のメモですが1次通過11作品を列挙しておきたいと思います。発表は4月5日とのことで、さて伊坂幸太郎さんは今年はどうでしょうか?

伊坂幸太郎 『死神の精度』
伊坂幸太郎 『魔王』
奥田英朗 『サウス・バウンド』
桂望実 『県庁の星』
重松清 『その日のまえに』
島本理生 『ナラタージュ』
西加奈子 『さくら』
東野圭吾 『容疑者Xの献身』
古川日出男 『ベルカ、吠えないのか?』
町田康 『告白』
リリー・フランキー 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
(著者50音順)

一つも読んでいないのが、自分らしいと思いますが本屋大賞も特定の傾向が強いですね。どちらかと言えば好きな賞なのですが、少し面白みにかけるでしょうか。今年は良い作品が寡作だったのか、それとも頭抜けた作品が多かったのでしょうか。
各作品へのリンクはこちらからどうぞ。

新規物件購入

タイトル:吾輩ハ作者デアル 著者:原田宗典
タイトル:聖刻群竜伝-龍の刻3 著者:千葉暁
タイトル:百器徒然袋-風 著者:京極夏彦
タイトル:地球の歩き方-ドイツ '05-'06 著作編集:「地球の歩き方」編集室
タイトル:はじめての海外旅行安心ブック 著者:藤田能成

「泣ける」「映画」もしくは「パウロ・コエーリョ」あるいは「アルケミスト」でお越し下さった方、申し訳ありません。当ページはいい歳の癖に初めて海外に出る事におっかなびっくりしてしまい、読書もままならない読書備忘録Blogです。ご期待には沿えかねると存じますが、全てGoogle先生が悪いのです。ご容赦下さい。

今の時期にドイツというキーワードで得心される方は恐らく同業者またはご関係のある方と思われますが、そういう事で読書もままなら無くなっております。お察し下さい。取敢えず一番下の安心ブックだけは目を通しましたが、やる事の多さにかえって不安になっております。

オールマイティジョーカー

タイトル:百器徒然袋−雨
著者:京極夏彦

言わずと知れた京極堂シリーズの番外編で、探偵榎木津が活躍する中篇三部。狂言回しとして主役が、榎木津とその一味、榎木津曰くの薔薇十字探偵社の調査に半ば自ら巻き込まれていくストーリーです。既に番外の続編も出ているようですね。

本編でも榎木津は、登場するとそれまでの重苦しく停滞した空気がいきなり馬鹿馬鹿しい程明るくなるトリックスターな訳ですがそれが主役となるともう破天荒も良いところ。探偵のはずが調査無し下調べ無しでいきなり問題解決に飛びこみ、持ちこまれた仕事以外まで一息に解決してしまいます。その規模がまた政界財界を巻き込んだ大騒動なので彼の名声はまた上がるという始末。所謂探偵物では全く無いのですが、あまりの無茶苦茶ぶりに小説なのに腹を抱えて笑ってしまいます。謎解き自体は最後にちゃんと京極堂の仕事として残っているのも、いつものご愛嬌です。

三篇何れも榎木津と巻きこまれた京極堂のとんでもない活躍が見られ、爽快感も本編に巻けずとも劣らずです。寧ろ読みやすさから言うと分量も一篇で200ページ強で本編以上かも知れません。京極堂シリーズは分量が多くて敷居が高いなと感じられる方には、ここから始められるのも一つの手かもしれません。お勧めできます。

>>May I have your five seconds? 人気Blog Rankingへ

新規物件購入

タイトル:文明崩壊 (上)-滅亡と存亡の命運を分けるもの 著者:ジャレド・ダイアモンド
タイトル:文明崩壊 (下)-滅亡と存亡の命運を分けるもの 著者:ジャレド・ダイアモンド
タイトル:アメリカの高校生が学ぶ経済学-原理から実践へ 著者:ゲーリーE・クレイトン

昨年最も苦戦した2冊に続き、またも苦戦しそうな2冊と何で今更?という1冊をチョイス。学生時代に勉強が嫌いで嫌いで、今になって果たして高校生の知識が今自分に備わっているのかという不安に駆られる体たらくです。たまには反省するのも良いのではないでしょうか。(始めから備わってないと諦めてる)

今年もだらだらと読書録代わりに継続してまいります。宜しくお願い致します。

具材の多さと調理法

タイトル:シャングリ・ラ
著者:池上永一

地球温暖化防止の為、都市を森に還す為に作られた超高層建造物アトラスと森林となった東京を舞台に二人の重要な人物を中心に描かれる再生の物語。進む温暖化を阻止すべく炭素を経済価値に折りこんだ炭素本位制経済や、超大型多層複合都市やバイオテクノロジーで都市すらを森に返す植物郡など、舞台の設計が非常に良くこれは良さそうだなと思い購入したのですが。

残虐なキャラクターで出てきた二人のうちの一人(とその従者)は、何時の間にやらただの我侭な子供(と優しい母親)になっているし、黒幕として出てきたキャラクターは優しい金持ちにしか見えない、炭素経済の申し子というキャラクターは自滅する、謎とされていたアトラスのその建造理由も途中で見え見えになる、主役は人間離れした運動能力と才覚を持ったナウシカのようなキャラクターでピンチがちっともピンチに見えない等、出てくるキャラクター全ての設定が振れに振れて、何ともご都合主義な話にしか見えません。

酷評ばかりになってしまうのですが、読んでいるうちにどこかで見た事がある話だなと考えていると思い当たったのが菊地秀行の魔界都市・新宿シリーズにストーリー展開が似ているのですね。(このシリーズ私も極一部しか読んでは居ないのですが。)従って新味のある展開でも有りませんし、謎(オチ)自体も驚きのあるものにはなり得ません。両作者のファンの方には申し訳の無い言い方ですがそれが素直な感想です。

確かに読み物としては面白いですし、それが証拠に二日ほどでハードカバーの600ページ弱を読みきらせる本ではあるのですが、この本を持って「日本SFベストワン」と評してしまうのは、何とも苦笑してしまいます。本格的なSFというか、これライトノベル的な本ではないでしょうか。

逆にいえば始めからライトノベルとしての売り出し方で有れば、私もこういった評価をした訳では無いと思うのですが、設定が面白そうだっただけに拍子抜けしたというのが実態でしょうか。舞台設定が物語の肝であるという私の偏見も少し修正されました。気楽に読む本としては問題ありませんが、お勧めする程でも無さそうです。

>>May I have your five seconds? 人気Blog Rankingへ

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
sponsored links
Twitter
Analytics
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
西方の大君主―マロリオン物語〈1〉
西方の大君主―マロリオン物語〈1〉 (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド エディングス, David Eddings, 宇佐川 晶子
recommend
recommend
運命の姉妹―女魔術師ポルガラ〈1〉
運命の姉妹―女魔術師ポルガラ〈1〉 (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド エディングス, リー エディングス, David Eddings, Leigh Eddings, 宇佐川 晶子
recommend
recommend
recommend
recommend
銀狼の花嫁
銀狼の花嫁 (JUGEMレビュー »)
デイヴィッド・エディングス, リー・エディングス, 宇佐川 晶子
recommend
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM